忍者ブログ 『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!
滝を流れ落ちたことのある管理人の妄想と勝手な思いを語るブログ。作品のネタバレ多数あるので注意が必要。3月8日作成
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 やっと時間が空いて、まとめ終わったのでアップしまーす。PvE第一回となります。

 
滝壺:とりあえず、ダンジョンマップ決めるよー。ほい1D2回振って
もゆ:5.6で・・・こんなところで高い目とかいらんのに…
滝壺:はは、んと・・・げ・・・
もゆ:なにがおこったですのん?
滝壺:超面倒なマップ
もゆ:マジっすか
滝壺:うん・・・5×5のマップで、中心に回復の泉、その周りに回復の泉方向への移動する床。
もゆ:おう…
滝壺:あ、PC位置が、一番下の真ん中で敵がその逆です。
もゆ:…大丈夫! 移動力だけはくさるほどあるから!
滝壺:ちなみに移動床:敏捷14判定、失敗したら2sq方向に移動
回復泉:HPを2D回復、効果3回
もゆ:ふむ
滝壺:たぶんメジャー
もゆ:だろうね
滝壺:使うことはないだろう
もゆ:これはトラップ無視でレイアから20m以内にいれば、いいかな?
滝壺:よいと思われ
もゆ:しかし・・・珍しいマップだ
滝壺:うん。あ、言い忘れてたが、名前にはつっこまないからな
もゆ:ちゃんと「リ」ンネ「ル」ネス「レ」イアなんだぞー!
まぁ、一緒ですが…竜の名前が浮かばなかったと思っていてくれればいい…
滝壺:
それでは・・・
もゆ:あい
滝壺:うーん・・・導入・・・うん、こんな感じか
私たちは一つのダンジョンにもぐっていた。
そこは・・・そうカナンにある訓練用ダンジョン。
そこに現れるエネミーはすべて幻影だ。それゆえドロップ品は出ず・・・冒険者のレベルとハングリーさが養われる(ホントか?)
だが、そんなダンジョンで今恐ろしいことが起こっていた
「どーして、ボスがわくのかしら?」(byシルヴァ)
もゆ:仕様じゃないんだ…
滝壺:だってドロップ品が出るんだぜ
もゆ:たしかに、それはフシギだ
滝壺:これは暴走してると言ってもいい・・・だからシルヴァは私たちに依頼した。
PCvsエネミーズキャンペーン、アリアンロッド・ガチ第一話
もゆ:ガチ(笑 酷いシリーズ名だ
滝壺:「初めてのネームド」
戦いの舞台が君たちを待つ!そう・・・これは冒険ではない・・・
もゆ:そんな悲しいこと言わないで(笑
滝壺:というわけで、私たちはこのボス湧きの原因を突き止めるため、ここまで来ました。
もゆ:ういうい
滝壺:幻影のモンスターをなぎ倒し、降り立ったのはB100階
もゆ:「リンネさん。本当にここに実体を持ったモンスターがいるんですか? もう相当降りてますけど…まだ一体もいませんよ?」とルネスが聞きます。
滝壺:「ええ、そのはずよ・・・正直シルヴァからの依頼だから、あまり自信はないけど」
あ、ここで恐ろしいこと判明
もゆ:およ?
滝壺:おいらアイテム全然持ってないw
もゆ:ちょ、お金は?
滝壺:この装備、前のリビルド装備を売っぱらって買いそろえたんだが・・・そして残りどれくらいか覚えていないw
もゆ:わかった
滝壺:まぁHMPなんてスズメの涙さ
もゆ:レイアの余りから生命の呪符を購入して渡していていいですか?
滝壺:うぃ・・・すまん。ドロップ品で返す。
もゆ:「リンネ、これをもっていて。少しはマシになるはずよ」と無意味に胸元から呪符を・・・
滝壺:「ごめんね・・・貧乏で・・・」特に何もそのことには触れず受け取ります。
もゆ:清楚なプリなんてこの世に存在しないんだぜ!(ある意味真理)
滝壺:確かに・・・神の花嫁だしね
もゆ:「別にいいわ。私は特に必要なものもなかったし・・・」
というかあらゆるゲームで
滝壺:プリさんエロいよねー
もゆ:なんでだろうね・・・あれは
滝壺:デフォで胸大きいし
もゆ:本当になぜだろうね…
滝壺:たぶん包容力のある女性=お母さん=胸大きい
もゆ:ただの趣味…ゲフンゲフン
滝壺:って、話脱線しすぎ
もゆ:あい、なんだっけ
滝壺:あ、あとギルドスキルどうする?
もゆ:んー
滝壺:とりあえず、背水以外かな?
もゆ:だね
滝壺:おk。じゃあ蘇生・祝福・陣形・限界突破・再行動・高機動部隊・目利き・協調行動
では戻すよー「でも・・・あそこにでっかい樹があるのよね・・・」
もゆ:「本当だ。こんなところでも育つなんて…生命ってすごいわね」
「俺はすごく嫌な予感しかしないんですが…」
滝壺:「ほんとにね・・・でも・・・あんな気持ち悪い樹は焼却すべきだと思うのは私だけかしら?」
もゆ:「俺も同感です…」
「そう? 残念ね」
滝壺:そこにたたずむのは全体に眼玉が浮かぶ人面樹
もゆ:明らかに自然のモノじゃないっすね…
滝壺:『恨めしい・・・怨めしい・・・』
もゆ:「しゃべった!?」
滝壺:『生きているものが憎いィィ』
もゆ:「…うん。あれは焼却すべきだと思うわ。キモいし…」
滝壺:「なるほど・・・瘴気というか淀みの結晶みたいね」
もゆ:「どうしたらいいですか!?」
滝壺:「弔うことがされなかった魂の集合体・・・なら・・・弔ってあげればいいのよ」
そうリンネは笑います。
もゆ:「つまり…いつもどおりでいいってことでしょ?」
滝壺:「人聞きの悪いこと言わないで・・・火葬は立派な・・・弔いよ!」
そういうと、周囲の空気が熱で揺らぎはじめる。
もゆ:生き生きとしているリンネさんであった。
滝壺:てへ?というわけで戦闘開始かしら
もゆ:おー
滝壺:とりあえず・・・敵さんの行動値は22です
もゆ:おう、無理ですよ!
滝壺:リンネ12・・・ああ、むりだね
もゆ:高機動かかるんだっけ
滝壺:うん
もゆ:まぁ、それでも16の10っす
滝壺:ああ、でもこっち特にセットアップないや・・・なんだ雑魚じゃん
もゆ:(笑)
滝壺:というわけで、ルネスからどうぞー
もゆ:じゃあ、アクアスタンス!
「よし…全力でいくぞ!!」と、水の中で自在に動く自分を想像して色々上昇!
滝壺:ww
もゆ:さすがに貝殻ろまんちっくは嫌。次リンネさんですよ
滝壺:うぃー、リンネスフィエ+エンチャント光。コストは14-
もゆ:ういうい
滝壺:キャリバーが光に包まれます。
「私の最強の杖の力見せてあげる」(ゼロ使い魔的にはおkだ)
もゆ:たしかに(笑
滝壺:というわけで終わり
もゆ:では、レイア
「よいっしょ…と…コーデックス:神聖術式…」
背中に背負ってた本を地面に置いて調べ始めます。
「大丈夫。体勢は整ったわ」とこれで終了。
滝壺:ほいほい・・・陣形ほしい?
もゆ:んー、いらないなぁ・・・あ、でも範囲攻撃が怖いか
滝壺:どうだろねぇ・・・
もゆ:次で二回以上使うか…だけど…一応もらっておくか。
滝壺:おk、じゃあリンネは移動しません
もゆ:んー、じゃあ、レイアが動く床←の下へ
滝壺:ほい敏捷14
もゆ:
滝壺:あ、下か
もゆ:そそ
滝壺:ごめん
もゆ:ういうい、ルネスは戦車に乗らないまま全力疾走でボスの元へと
61m移動できるので迂回していきます
滝壺:ぶふ
もゆ:「うりゃああああああ!!!」こんな感じでエンゲージ
滝壺:ほい、ではセットアップ終了

もゆ:あい
滝壺:で、行動値は22の不気味な樹だが・・・
もゆ:おう
滝壺:だが、リンネがカリキュレイト
もゆ:出た!マジックガンナー!
滝壺:「先手・・・必勝!」とここでちと確認
もゆ:おう
滝壺:地属性に対し地・火を撃つと防御倍?
もゆ:うん…
滝壺:・・・くぅ
もゆ:どちらかでもひっかかってるとあがる
滝壺:まずい、こいつ強いかも・・・
もゆ:
滝壺:あー、微妙にメタだが
「(こいつは樹・・・なら)よく燃えるわよね!」(アリアンでは関係ない)
もゆ:まぁ、そのぐらいは予想してもいいところだとは思うけどね。
滝壺:ということでマイナーでクイックドロー、メジャーはインフェルノ
もゆ:おう
滝壺:MP15消費。スペルブレッド・フェイントで6消費で
うわーすげぇー勢いでMPが・・・でも、命中が24+5Dを二回
もゆ::成立必須スキルが多すぎる(笑
滝壺:一回目22346で17・二回目12445で16
もゆ:・・・
滝壺:17を適用
もゆ:おう
滝壺:41
もゆ:これはよけられまい
滝壺:回避5+2D・・・そりゃあ樹(笑)
2+6で8なのでよけられません。
もゆ:よしよし
滝壺:ダメージが30+14D・・・よわい、48で78点
もゆ:マスターが片方入らないからね
滝壺:魔防御が16で61点ダメージ
もゆ:それでも結構いくもんだ
滝壺:うむ・・・だがさ・・・やべぇな。では不気味な樹の攻撃です
もゆ:おう
滝壺:マイナースマッシュで+22
もゆ:ちょ
滝壺:パッシブ能力で攻撃はすべてシーン選択(泣)
もゆ:わーーー!!!
滝壺:このパーティにとって最悪に相性悪いぜこいつ
もゆ:一気に片付けないと…
滝壺:というわけで命中が16+4D
もゆ:は・・・はい…
滝壺:1256
もゆ:・・・
滝壺:14で30
もゆ:ダグデモア・・・する?
滝壺:いやぁ期待値だし、意味ないと思うよ
もゆ:おけ、じゃあ回避か・・・ドラゴシンボル欲しかったら言ってね
滝壺:うーん・・・リンネ・・・フェイトは・・・うぎぎ、1点だけ・・つかう
もゆ:レイア2点。ルネス1点で…
滝壺:無理でした!6が一個もないよ!!
もゆ:よしっ、レイアは6+6+1+3+0でクリティカル!
滝壺:おおお
もゆ:ルネスは無理っした
滝壺:ダメージが・・・
もゆ:ダメージ前にプロテクション
滝壺:90+6D・・・あれプロテクって
もゆ:直後だった。NWだな。前にやるのは
滝壺:うん・・で25
もゆ:うお
滝壺:115点・・・あれ・・・おかしい・・・リンネ軽く落ちる
もゆ:プロテクを…リンネに!ケセドも乗っけます。
滝壺:えっと現在21点引いて94ダメ
もゆ:MP6消費
滝壺:くぅ・・・くそ舐めてた
もゆ:2+1+6+3+5+47=64軽減
滝壺:結果30点ダメ、残り39
ぐ・・・スカウトいないのがここまで
もゆ:ルネスは73ダメ
滝壺:そしてこれまた、恐怖のパシブ
このエネミーのダメージを受けたキャラはクリンナップ10ダメージ
もゆ:・・・
滝壺:この効果を消すにはメジャーが必要
もゆ:え?メジャーとか…
滝壺:ええ、無理ですので・・・さっさとやるぞオラ!
もゆ:あいあいさー!!ルネス動くぜ!
滝壺:おうさ
もゆ:マイナーで戦車に搭乗、メジャーでラッシュ!
そして、フェイント!
滝壺:おk
もゆ:ということでコスト14
命中21 4DX2で・・・4+3+3+4+21=35、4+2+3+6+21=36
・・・36採用
滝壺:4・4なので無理です
もゆ:ダメージに・・・これはボルテクス切ってもいいと思うんだけど、どうよ?
滝壺:いいと思う・・・所詮+30スキルw
もゆ:じゃあボルテクスまで使用、ダメージは134+17D!
滝壺:すげー!ラッシュすげー!!
もゆ:59+134で193物理!
まぁ、ヴァイキングまで行ったからなぁ
滝壺:防御30なので、163ダメ
もゆ:斧を振りかぶって突撃。すれ違いざまにぶったぎります
滝壺:残り323
もゆ:結構高い…
滝壺:うん
もゆ:さて…レイアさんですが・・・
滝壺:うむ
もゆ:再行動か回復か…
滝壺:再行動じゃないかな
もゆ:おけ、ルネスでいいかな。今回は
滝壺:うん
もゆ:じゃあ、「一気に畳み掛けたほうがいいわ!」と
ジョイフル・・・うん成功
「了解です!」とフェイント抜きでラッシュ
4+6+4+4+21=39
滝壺:回避無理
もゆ:ダメージは3+4+4+5+2+3+5+134=160!
「大・切・断!!!」と5mの範囲を大暴れしてます
滝壺:ww
もゆ:130ダメかな
滝壺:『このきこりがぁぁぁ』そだね
もゆ:「これでも立派な騎士になろうとしているんですよ!」
滝壺:残り193
もゆ:おう
滝壺:で、クリンナップ10ダメ
もゆ:うわ、そうだった
滝壺:そしてセットアップ・・・
もゆ:スフィフトもらえませんか?
滝壺:「さすがは・・・名の知られるエネミー・・・」
もゆ:ほかにセットアップあるならそっち優先してね。
「そうですね・・・ただの木ではないみたいです
滝壺:うーん、ウィークポイントか・・・スフィフトのほうがいいな
もゆ:あ、ああ範囲か
滝壺:というわけでスフィフト+エンチャント光
もゆ:ありがたいっ
「リンネさん。ありがとうございます!」
滝壺:14消費で・・・
もゆ:リンネさんの高燃費が健在でちょっと懐かしくなった・・
滝壺:じゃあ「光よ・・・そしてレイア」
もゆ:「何?」
滝壺:「ヘイストをルネスに!!」
もゆ:「・・・ふふ、了解!」
ヘイスト+ケセド
滝壺:これしか勝つ道がない
もゆ:コスト6。だよねぇ・・・あぶな、発動2+1で成功
滝壺:あぶな
もゆ:1d+28・・・33!
滝壺:はいはい、ラッシュの威力も+33と
もゆ:そそ、一応ふたり用支援魔法を1レベルで取ってるのさ
滝壺:ありがと。じゃあ先手はルネスになります
もゆ:了解
「俺は今、ひとつの風になる…!!!」ラッシュ!
4+6+1+2+21=34
滝壺:フェイントは?
もゆ::なし。クリティカル以外ならあたるっと、待って光剣ぶん
滝壺:1+4で避けられませんが
もゆ:よし、じゃあダメージは177+7D・・・197!!
滝壺:137だめ
もゆ:魔法ダメージ!!
滝壺:おお、14たすから
もゆ:光剣が非常にありがたい・・・
滝壺:残り42
もゆ:よし、これはリンネさんのたのんだ!
滝壺:・・・カリキュレイト
もゆ:「頼みましたよ!!」
滝壺:MP21消費!さっきのセットをもう一回
もゆ:相変わらずの超燃費…
滝壺:一回目クリ無18・・・二回目クリ無16・・・18適用で43
もゆ:たかっ
滝壺:樹クリしない、ダメージが47+30で77
もゆ:これは・・・
滝壺:「燃えろ!」
放たれた炎はルネスの攻撃で倒れかけていた、樹を燃やしつくす。
そして、響き渡るのは歓喜の声だった。
もゆ:「魂が…還って行く?」
滝壺:「そうみたいね・・・よかった」
『ありがとう・・・』そんな声が聞こえたような気がした
もゆ:「今の声…リンネさん」
滝壺:「なにかしらね」と軽くほほ笑んだところでドロップ品
もゆ:レイアが振るよ
滝壺:おk
もゆ:フェイトはあまるから
滝壺:3dね
もゆ:8点まで使えるけど
滝壺:いやいや、まだ次があるんだから
もゆ:じゃあ1Dだけ
滝壺:ほい
もゆ:4d…6+1+4+4=15!
滝壺:呪いの瞳5000G
もゆ:・・・アリアンではこんなもんか…
滝壺:18で20000。ちょっと無理
もゆ:なるほど…

思ったよりもあっさり一戦目を終えたリンネ達…だが恐怖はここからだった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ フリーエリア
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
★ 最新コメント
[05/16 Backlinks]
[08/18 御影]
[08/12 上月]
[06/21 伝説の勇者の伝説-ニュース-アニメwiki]
[04/05 御影]
★ 最新トラックバック
★ プロフィール
HN:
滝壺
性別:
男性
趣味:
TRPG
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ P R
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)滝に響く7つの音 All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]