忍者ブログ 『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!
滝を流れ落ちたことのある管理人の妄想と勝手な思いを語るブログ。作品のネタバレ多数あるので注意が必要。3月8日作成
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ということで、PSP版の『白銀のカルと蒼空の王女』をエリンシア&ミルスキの両ルートクリアー

 では、それぞれの面で軽く感想でも

 【システム面】
 使いづらいの一言。
 メディアインストールをさせておきながら、スリープさせるとUMD読み込みに戻り、インストールデータに戻すには、タイトルまで戻らないといけないとか・・・どうかと思うんですよ。
 その他も、選択肢のカーソルの色が見にくい、システムメニューがデザイン性だけ気にしていてて、使いにくいと結構劣悪。
 アマネカの頃から何の成長もしていない・・・

 【シナリオ面】
 2ルートとも最後まで、ギャグとシリアスのバランスは良かったと思います。
 ただ、もうちょい補完してほしいかな・・・という部分もありましたが、それでも及第点以上は上げたいと思います。
 というか、続編を・・・小説とか・・・いや、むしろ小説で続編を・・・もういらつくゲームに付き合いたくないんじゃーー

 【バトル面】
 
戦略・・・なし!!
 じゃんけん改良式カードバトルなんですが、必殺カードの安定がやばすぎて回避・防御カードの必要性がほっとんどない!!(必殺を止められるのは必殺とこちらの数値以上の回避カードのみ)
 必殺で防御を砕いて、最大火力(攻撃・刹那・関節高数値)をたたき込むゲームです。

 もうちょっと・・・もうちょっとゲーム部分考えようよ、くさまんちーむ・・・

 【キャラクター面】
 駒都えーじの絵は相変わらず履いてません(笑)
 それはさておき、カルとプラウラさんが残念美人っぷりが素敵です。

 
メイドさん・・・それは最強出なければ成り立たない職業(笑)

 しかし、ゲームを進めていくにつれて確信することがあるんですよ・・・

 
カル・ルスラン=柊蓮司!!

 いや、割とマジで。
 学校へ行くことにモチベーションがあり、天然女殺しで戦闘時での知能は高い。
 ボケもツッコミもこなせる万能性。

 いや、まぁ下がらないけどね。

 まぁそんな感じで、キャラクターはとても魅力的でした。
 ただ、そのキャラを際立たせるサイドストーリーは少なかったのが残念でした。

 【総評】
 いろいろ残念でしたが、まぁ面白かったです。
 カルとトアラはいいキャラだと思います。

 ここら辺がちゃんとくっついて終わるようなシナリオが読みたい・・・つーか伏線回収してほしい・・・
 

 ああ、にやにやできるカップリングは素敵だ・・・


 
 


拍手[0回]

PR
 迷走するラグナロクオンライン・・・その携帯ゲーム新作『ラグナロク~光と闇の皇女~』
 
 そんなゲームが、なんと1ルート最後までできる体験版を配布していたので、もとROユーザーとしてやってみる。
 まずは、キャラ作成で職業選択・・・
 
 初期が転生二次・・・だ・・・と・・・ハイやチャンピョンの名も安くなったもの・・・あ、なぜかダンサーだけ、ダンサーだ・・・
 
 ・・・なぜにっ?
 
 まぁ、いつも通りウィザード選択
 
 次、声・・・いまいち誰か分からんなぁ・・・たぶん1人2パターンの5人で10パターンみたいだけど・・・なんかどれもキャラ絵に合わない。
 でも今井麻美っぽいのがいるから、それにする。
 
 ゲーム開始
 いきなりのホットスタート、自由な師匠と一緒に魔物退治してたら、それぞれ勢力の違う下っ端二人とばったり遭遇。いがみあいつつも、師匠の傍若無人さで、無理やり一緒の戦闘に流れ込むわけですが・・・ボスが顔を見せて、 「貴様らごときと戦うまでもない」 と帰っていきます。
 
 オークウォーリアとウルフを配下に従えてぶいぶい言ってるバフォメットごときが・・・なんだよこの、怖いんだか怖くないんだかわからない感じはよぉ
 
 ですが、戦闘開始したら逃げてくださってありがとうございますバフォメットさんって感じです。
 
 こちらのパーティが覚えているスキル
 ハイウィザード:ファイアボルト
 ロードナイト:バッシュ
 チャンピョン:錬気功

 
 ・・・お前らコスプレしている一次職だろぉぉぉ
 
 もちろん大苦戦。
 雑魚でも基本3回~4回攻撃しないと倒せませんし、こっちもそれくらいくらうと死にます。
 
 そんな戦闘のシステムは・・・まぁSRPG…DS魔装機神とルミナス1を足して2で割ったようなもっさり感と微妙なうごき、見にくいマップ、かわいくないデフォルメキャラを駆使した素晴らしいシステムです。
 
 なぜ、RO絵を流用しなかった!? 
 
 ZOCがあるのは及第点だけど、高低差やら方向のダメージ増減概念は感じられない・・というかない。
 
 待機時に方向選ばされるのにな!(ZOCのためですが)
 
 難易度はいまのところ難しめ・・・敵さん待ち伏せするタイプのAIだし…
 つーか、攻撃可能範囲に何人いても確実に主人公ねらってくるのがめんどくさい。
 主人公死ぬとゲームオーバーなのに・・・しかも、敵さんHP減ると逃げるし・・・
 
 とりあえず、レベルアップ時のHPMP全回復を前提に突き進んでいくようです。
 たぶんヒールとか追いつかない。
 
 まぁ・・・まだプリさんいないけどなっ

拍手[0回]

 ということで、メルルのアトリエ1周目攻略完了です。

 今回見れたエンディングは
・勇ましく
・最強

の二つ。

 ジオさん・・・というかマスク・ド・Gに関わってしまったあとセーブしてしまったためなのか、他フラグを満たしても他のエンドが見れませんでした。

 錬金術師50エンドと若返りの薬エンドは満たしていたんですけどねぇ・・・

 まぁネット情報解禁したところ2週は絶対にやらなければならないみたいんだんで、残りのエンドは2週目に見たいと思います。

 でもまぁ1周目で、倒せる敵はすべて倒し、アイテムはすべて錬金できたので及第点かと思われます。

 悔しかったのは開拓が2つだけ達成できなかったこと。
・瀕死で勝利回数
・休息日数

 ・・・だって、瀕死にならないもん。休まないもん。

 効率的にやる人が達成できない条件を混ぜとく辺りがいやらしいです。

続いて、使用頻度ごとにキャラ性能(独断と偏見)平均95レベルでの感想です。

拍手[0回]

 といっても、仕事から帰ってきてからとかなんで、あんまり進んでいないんですが・・・

まぁようやく3年目突入です。

 今回地味にうれしかったのは、2年目の初めで条件満たしていたら、2年10月で王様から合格もらったこと。
期限まで過ごさせず、なんか頑張ったって認めてくれる感じなのはうれしいです。

 しかし、キャラがみんな魅力的で困る・・・そのせいか交代しまくりで進んでいるためフラグ等とかボロボロになってそうです。

とりあえず、大きなイベントこなしたパーティだと・・・

飛竜・・・ステルク&ジーノ
エント・・・トトリ&ミミ

ちなみに基本は、トトリ&エステルさんです。

いやぁ・・・エステルさんがステルクさんよりもチートじみた動きしてて素敵です・・・

ぶっちゃけ気持ち悪いです!!

なんだあの高速移動、他のキャラがそこまで高速で動くことがないからか、微妙に絵が悪い・・・でも好きだ!!

しかしなんだろ・・・必殺技がとどめの時は演出が変わる&威力倍?ってすごく使いにくい気がする・・・オーバーキル多数ってことだし・・・

でも、時々倒しきれないと思ったらとどめ演出は入った時の盛り上がりは異常だからいいのかな・・・

まじでエント戦のミミちゃん必殺技は神がかってた・・・

メルル瀕死トトリ戦闘不能状態でミミちゃんの次の手番はエントという状況での必殺技・・・

これほど動画に取っておけばよかったと思ったことはない。

拍手[0回]

 いやぁ、すごいです。ぬるぬる動くわかゆい所に手は届いているわでトトリ以上のクオリティに悶えそうになります。

 まぁ・・・相変わらず視点切り替えはないのが残念かな。

 とりあえず、5時間やって現在1年目9月1日。
 トトリが仲間になりました!
 さぁ・・・どっちをスタメンから外す・・・

 1.ケイナ
 戦闘面:脆いし攻撃力は低いものの、通常攻撃が範囲BS(眠り)という謎の高性能攻撃。ただしLPが減る。
 キャラ面:素晴らしき幼馴染メイド。なんか幸運の星の下に生まれてる。

 2.ライナス
 戦闘面:それなりに丈夫で、通常攻撃が範囲ノックバックとかよくわからない能力。しかもアシストアタックも範囲・・・
 キャラ面:不幸の星の下に生まれた、お兄ちゃんラブ。正直どうでもよかったんですが、漢探知するイベント等でかわいくなってきました。

 そんな何気なく高性能で、キャラ的にもいい感じな二人から一人を選ぶなんて・・・まあ、ケイナoutなんですが。

 遠征するときLPがねぇ・・・今回はアーランド3部作で初めてLP気にしなきゃならないです・・・パイ作成には小麦粉必要で今は小麦粉作成大変だし・・・

 まぁ・・・トトリです・・・ダブル錬金の強さを味わいたいと思います。

 しかし今回連れて歩きたいキャラが多すぎる・・・フアナさんとかエスティさんとかステルクさんにミミちゃん・・・

 あ、初回特典ドラマCDが素敵でした。
 アステリッド師匠がさらっといて、ロリナの原因も判明。

 しかし、師匠のロロナラブが悪化&ロロナのあっぱら具合が微妙に悪化・・・スタッフ30なロロナにはわわ言わせたくないんじゃなかったのか!?

 あとはシナリオ中にロロナに戻ることを祈るのみだな・・・

拍手[0回]

★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ フリーエリア
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
★ 最新コメント
[05/16 Backlinks]
[08/18 御影]
[08/12 上月]
[06/21 伝説の勇者の伝説-ニュース-アニメwiki]
[04/05 御影]
★ 最新トラックバック
★ プロフィール
HN:
滝壺
性別:
男性
趣味:
TRPG
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ P R
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)滝に響く7つの音 All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]