忍者ブログ 『ef - a fairy tale of the two.』応援中です!
滝を流れ落ちたことのある管理人の妄想と勝手な思いを語るブログ。作品のネタバレ多数あるので注意が必要。3月8日作成
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
昨日の面白い出来事
 
仕事場に学校から電話がかかってくる。
 
先生「亀がいるんです」
私「・・・はい」
先生「とても大きいのでどうにかしてほしいんですが。」
私(え?それってうちの仕事なの?)「えーと、はい、じゃあどういう状況か確認しに行きます。ちなみに、どれくらいの大きさなんでしょう?」
先生「30cmくらいはあります。」
私「はぁ」(どうせ大きく見えてるだけだろう)
 基本人は未知のものと遭遇すると大きく見えるものです。だから私は作業服に着替えもせず現場に向かいました。
 
 まず先生と合流し、現場に向かいます・・・
 
先生「あ、ここです」
私「(あ、30cmよりでかい)・・・亀ですね。」
そこにいたのは泥まみれになった巨大な亀(横25cm、縦40超え)。背中に付けた泥からは稲を生やし、側溝にはまりうごめいている。
まぁ、爬虫類ラブな私の内心は大盛り上がりでした。
とりあえず、軽く持ち上げようとすると動く…よく動く。顔に靴を近付けると頭突きをする。(本当ならここで気が付くべきだった)
よって持ってきたゴミ袋ごときじゃ相手にならないことは明白。
 
 というわけで、装備を整えて出直します。
作業服に着替え、軍手を借り、かごを借り向かいます。
・・・捕獲完了(特に面白みもなく終了。軍手を装備した私に爬虫類は敵ではありません。)
さてどうするか・・・
先輩「河原に置いとけばいいんじゃない?」
私「あ、はい(いいのか?)」
まぁ特に逆らいもせず運送し、亀に別れを告げます。
「ごめんな・・・私に財政力があれば飼ってあげてもよかったんだが・・・」
そんな風に後ろ髪をひかれながらも退散。
 
でも帰ってきてからふと気がつく・・・
(あれ?日本にふつうにいるor基本的にいる亀で30cm超えるのなんていたっけ?)
ここで、少しいやな予感が漂います。
早速HPで確認・・・撮った写真と見比べながら出した結論
 
「うむ・・・あいつカミツキガメだったかもしれない!」
 
・・・・やっべーーーー、カミツキガメは警察だーーーー!?
 
だって、そんな奴そうそういると思わないじゃないか・・・しかもすっごい汚かったから判別だってつかないやい(大きさで気づけ)
そうか、あれは頭突きではなく咬み付きだったんですね。
 
 うう、私とした事が・・・あんまりカミツキガメ系は好きじゃなかったからなぁ・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★ フリーエリア
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
★ 最新コメント
[05/16 Backlinks]
[08/18 御影]
[08/12 上月]
[06/21 伝説の勇者の伝説-ニュース-アニメwiki]
[04/05 御影]
★ 最新トラックバック
★ プロフィール
HN:
滝壺
性別:
男性
趣味:
TRPG
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ P R
★ カウンター
★ アクセス解析

Copyright (c)滝に響く7つの音 All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]